施設案内

施設案内

院内設備のご紹介

当クリニックでは、患者様の症例・ご希望に
対応するために設備を取り揃えております。
診療設備だけではなく、患者様に安心して診療を
受けられる環境作りにも力を入れております。

MRI

最新型の1.5T MRI装置を導入しました

従来のMRIでは30分程かかる検査が、当院ではわずか“10分弱”で完了します。 MRIが苦手な方でも検査できる可能性が高まります。

主な検査部位

  • 整形全般
  • 脳神経全般
  • 腹部などの内科領域
MRI装置

MRI検査は放射線(X線)を使いません

レントゲン装置やCT装置と異なり、
X線を使わない検査です。
放射線被ばくのない優しい検査が
可能です。
MRI装置

MRI検査時の注意点

  • 検査時間は15分ほどです。
  • 狭いところや大きな音が苦手な方は事前にご相談ください。
  • 体内にインプラント(人工関節など)がある方はお申し出ください。
  • 検査時は金具の付いている下着など、金属類は外してください。
    また、湿布などの頒布薬等も剥がしてください。
  • 検査において不安な点は、当院スタッフまでご相談ください。

CT

最新鋭のCT装置を導入しています

当院のCT装置の特徴
  • 低被ばくなCT検査ができます
  • 胸やお腹の検査は15秒ほどの息止めで検査できます

CT装置

胸のレントゲンとCT検査の違い

CT検査は、体の周り1周360度方向から撮影して、体を輪切りにして観察することができます。
1方向からのみ撮影するレントゲン検査に比べて、より小さな病気を見つけることができ、
がんや肺炎の大きさ、周囲への拡がりなど、多くの情報が得られる検査です。

CTとレントゲン撮影の比較

骨密度測定装置

最新の骨密度測定装置を導入しています

当院の骨密度装置の特徴
  • 寝たままで検査できます
  • 腰椎を40秒、大腿骨を20秒で検査します
骨密度測定装置

腰椎と大腿骨の骨密度を測る理由

骨粗鬆症になると、次の三カ所で折れやすくなります。
● 太ももの付け根
● 腰椎(背が縮んだり、丸くなります。)
● 手首
特に、大腿骨頸部骨折は、そのまま寝たきりになるので、重大です

骨粗鬆症の紹介

骨折予防のために早めに骨密度検査を行いましょう。

リハビリテーション機器

  • 低周波治療器
    低周波治療器
    患者さまの症状や治療部位に応じた各種低周波治療を、1台で実現します。複数部位の治療、または多人数の治療に対応する8チャンネルモデルです。
  • 頸椎牽引装置
    頸椎牽引装置
    従来の頸椎牽引治療装置とは異なり、シートのチルティング角度を制御することで、治療部位に適した牽引ポジションを提供します。加えて、牽引ポジションの高い再現性が、継続治療の効果を促します。
  • ウォーターマッサージ器
    ウォーターマッサージ器
    筋肉の柔軟性を向上させる治療モードを搭載。
    刺激面の広いマッサージモードで、6ノズルが重厚な刺激を演出します。
  • 腰椎牽引装置
    腰椎牽引装置
    理想的な牽引治療の姿勢で、患者様に適した治療をおこないます。シートに座ったままの状態で、理想的なポジションへと稼働します。
  • ホットパック
    ホットパック
    温熱治療と心地よいリズムで、治療感を向上させた乾式ホットパック装置です。
八千代緑が丘駅から
当院までの道順